FC2ブログ

果ての無いあの空へ

写真やら絵やら日記やらをのんびりと。
2018/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLUM1/48クラウドブレイカー01組み立て前レビュー

私には、時間と速さが足りてない!もっとだ、もっと睡眠を削るんだっ
…まぁ、そんな茶番は置いときまして。


今回はPLUM、ピーエムオフィスエーよりまさかのラインナップ
1/48スケール、A.R.K.クラウドブレイカー01
の組み立て前レビューとなります。
IMG_3020.jpg



いやはやまさか、黒歴史にされかけてるゲームのキットが出るとは。
フロムのロボット系のゲームは好きなので楽しみに待っていたかいがありました。
うん、二回も延期したから…ね…


組み立て前レビューとは一言で言えばランナーレビューです。
デジカメの補正はかかりますが色の数やパーツの出来具合の参考程度に。
では見る方は続きへどうぞ。
【取扱説明書】
IMG_3021.jpg
取説は一枚タイプの全8ページ、かなりミッチリ書き込まれてます。
デカールの張る位置はCGサンプルで指示しているので解りやすくていいですね。


【Aランナー】
IMG_3024.jpg
ピーエムオフィスエーのプラモは自分初めてなのですが、パット見た感じ綺麗ですね。
少し光沢を押さえてるような感じがあり、独自の方法なのかな?と思うところが多々あります。
IMG_3023.jpg
パーツ裏面のフチがこのように削られた感じになってるんですね。
多分作業工程内に面取りがあるのでしょう、全体的にバリは殆どありませんでした。
組み立てるときに隙間が出来たりするかどうかはやってみないとわかりませんね。


【Bランナー】
IMG_3025.jpg
「…えっ!?」
最初ランナー見たときの正直な感想がこれでした。
この巨大な二枚、約19センチあります。
IMG_3026.jpg
IMG_3027.jpg
ですが見る限り…ヒケとかは肉抜き穴のとこくらいで大して無い感じ…?
裏面にちょっとバリが残ってたりしましたが、これはお見事といって良いんじゃないでしょうか。
IMG_3028.jpg
ただまぁ、細かいパーツはコトブキヤのやつみたいにヒケが多めですね。
この辺はコストと技術の兼ね合いもあるので仕方ないでしょうか。
そう考えるとバンダイは歴史長いだけの事はあるなぁと毎回感じてしまいますね。


【Cランナー×2】
IMG_3029.jpg
赤いABCランナーは主に装甲部分になりますね。
ここでは肩や脚のパーツが目に入ります。
IMG_3032.jpg
膝からスネにかけて一体成型なこの装甲、少しライン状のヒケはありますがきれいなものです。
ヒケを消しきれ無い分、大きな面は出来る限りヒケを押さえるってことなのでしょうかね。
こういう考え方は素組み派でも塗装派でもありがたい事だと思います。
IMG_3033.jpg
肩パーツは左右挟み込む形のモナカ構造っぽいですね。
表面は綺麗なしあがりなのですが、組んだら方中央に分割線が入ってしまうのが残念な所。
まぁアリーヤ等の前例がありますし、金型と組みやすさと強度の兼ね合いもあるから仕方ないのでしょうか。
IMG_3034.jpg
裏面にはびっしりとギザギザが、面取りの後も見えますね。
この辺がここのヒケを押さえる方法なのかもしれませんね。


【Dランナー】
IMG_3035.jpg
ここからはさっきとはうってかわってメタリックな感じに。
この色は機体のフレームにあたるパーツが殆どですね。
IMG_3036.jpg
サンプルだと指は赤、金の部分がありますが実際は一色でした。
むしろ金色のランナーはありません。自分で塗れって事ですね。
IMG_3037.jpg
モールドも結構細かく入っています。
ちょっと深みというかなんというか、立体感が薄いというかもっさりしてるというか。


【Eランナー×2枚】
IMG_3038.jpg
大きめなのでフレームがどんな感じかがここからでも垣間見えてきますね。
IMG_3039.jpg
このパーツの電源ボタンみたいな部分ここのモールドがちょっとつぶれてますね。
コノパーツは左右あわせて合計8枚あるのですが、コノ部分はかなり個体差がありました。
無事なものもあれば、完全にモールドが1~2ミリ埋まってるものも。
パイプ状の部分は途中から一直線です。


【Fランナー×2】
IMG_3040.jpg
Fランナーは細かい部分のパーツですね、ボールジョイントも確認できます。
説明書をざっと見た限り、胴体からの四肢接続はボールジョイント一個のようですね。
けれど胴体から四肢までフレームが間を空けてるので可動範囲は悪くなさそうです。


【Gランナー】
IMG_3041.jpg
巨大パーツ再び。Bランナーのパーツの内側に入るパーツですね。
その脇に取り付けるブレード状のパーツも見えます。
IMG_3042.jpg
で、このブレード状のパーツなんですが途中にラインがはいっちゃってますね。
左右ほぼ同じ位置なので見栄えはそれなりにバランスとれますがこれはちょっと残念な所。
IMG_3043.jpg
あとここまで来て気づいたのが、取り付けダボの形状。
平たいダボのときは2本ほどラインが盛り付けされてるんですね。
これは差込口側も同様で、何本かラインが入っています。
かつてどっかのプラモで切り出し時にこれが外れて、ユルユルになった事があったのですが…
まぁ今と昔は違いますし大丈夫でしょう。
IMG_3044.jpg
Bランナーのと違い、こっちはヒケやムラがちらほら見えますね。
あのギザギザの加工がされてるのは赤いパーツのみですね。
こちらも加工したような跡はありますが、特に目立つものは無い感じ。
バリも目立ったものはありませんが、内側に大きい接続ダボがある場合、そこにちょっと付いてる事が。


【Hランナー×2】
IMG_3045.jpg
Hランナーは機体各所のカバーみたいなものが多め。
ライトが収納されてる部分とかですね。
IMG_3046.jpg
デジカメだとコノ色は表現も説明も難しいのですが。
初代リボルテックトロと並べると大体こんな具合です。


【Iランナー】【Kランナー】
IMG_3047.jpg
Iランナー(写真右)とKランナー(写真左)はクリアパーツ。
殆どスタンド用のパーツなのですが、頭部のカバーやライト部分にも使います。
IMG_3050.jpg
土台は半透明仕様、機体用のパーツの透明度は他社と比べると少し濁り気味。
ですがまぁ、個人的にはこの方が強化ガラス、強化樹脂みたいな感じがして好きではあります。
先端から2~3ミリのとこから空洞になってますね。


【Jランナー】
IMG_3053.jpg
IランナーとKランナーを一緒にしてしまったので後回しにされたJランナー。
主に武器関連のランナーですね。
IMG_3054.jpg
ガトリングの銃口、途中から埋まってはいますが距離があるので開口すればかなりリアルになりそうですね。
IMG_3055.jpg
IMG_3056.jpg
ミサイル発射装置、後部の無数の溝も含めて綺麗な出来です。
残念ながらミサイルハッチは展開しないのですが、モナカ構造+中は完全に空洞なので
加工して内部に装置を仕込む事は可能です。


【ポリキャップ】
IMG_3051.jpg
ポリキャップの色もメタリック調。
保持力は組まないとわかりませんが、触った感じは結構柔らかめですね。
IMG_3052.jpg
ガトリング用の球団ベルトもここについています。それなりにディテールも綺麗でいいんじゃないでしょうか。
ただし少々のバリと、裏面にいくつか肉抜き跡がついています。


【デカール】
IMG_3057.jpg
白文字多すぎて見えねぇ…
デカールは水転写式(水につけてから貼る切手みたいなシール)です。
IMG_3058.jpg
IMG_3059.jpg
IMG_3060.jpg
細かいけれどいい感じ。1~2ミリのもあるので水につける際に無くさないようにご注意を。


さていががだったでしょうか。
ここのは初めて買うので期待と不安が半々な上に延期二回して心配でした。
しかも開いたら開いたでBランナーの巨大パーツ。
ですが、大きいパーツは細かい処理がなされていてちょっと意外でした。
フチの面取りは人によってはマイナスかもしれませんが。
反面、モールドが一部埋まってるパーツがあったりと詰めの甘い所も。
あと色が少ないのも最近のプラモとしては少々ネックかもしれません。
まぁ、スタンドと全身分のデカールが付いてるのはありがたい事ですが。
色の少なさをカバーできますし、自立なんてそもそも出来ないデザインですからね…

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://whitephosphorus.blog61.fc2.com/tb.php/542-beee8208
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。