FC2ブログ

果ての無いあの空へ

写真やら絵やら日記やらをのんびりと。
2018/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイHGクランシェ組み立て前、後レビュー

IMG_3546.jpg
ようやく涼しくなり始めてきましたね。
今回はバンダイより
HGガンダムAGEシリーズ クランシェ
のレビューとなります。


今回は趣向を変えてランナーレビュー→完成品レビューと同時に行います。
ご参考程度にどうぞ~


それでは見る方は続きへ。
【ランナーレビュー】
IMG_3520.jpg
パッケージはクランシェの遭遇、接敵といったところでしょうか。
変形したのであろう火花がかっこいいですね。


IMG_3521.jpg
説明書にもパッケージと同じ事だらだら書かれてるのはどうなのだろう。
隊長機でるのですかね?緑でもいいからクランシェカスタムを…


IMG_3522.jpg
Aランナーは全身の赤い装甲パーツですね。
HGだからランナー数は少なめに抑えられています。
IMG_3523.jpg
パッケージ見て解る通り胸のダクトは殆ど隠れますがしっかりモールドがあります。
しかもシール付きです。
IMG_3525.jpg
Bランナーは全身の白い装甲パーツですね。
真っ白というよりはちょっとクリーム色っぽい。
取説の色配合もホワイト+ライトブラウンになってますね。
IMG_3526.jpg
IMG_3527.jpg
割とシンプルでモールドも少なめ。
IMG_3528.jpg
頭部はシール再現ですが作りこまれているので塗って再現もできますね。
IMG_3529.jpg
Cランナーは関節周りやスタンドのパーツですね。
IMG_3530.jpg
差し替え式のランディングギアもシンプルながらいい感じです。
IMG_3531.jpg
Dランナー、色はCランナーと共通。
IMG_3532.jpg
両手握り手、両手持ち手の他に左手用のポーズ指も付いてきます。
だからクランシェカスタムをですね…
IMG_3534.jpg
頭部クリアパーツ、結構濃い目の青です。
IMG_3535.jpg
ビームサーベル。平たい形状のが二本付属しています。
IMG_3536.jpg
ポリキャップ、15個余りました。
IMG_3538.jpg
シール。頭部と描くスラスターに貼ります。
モールドにあわせて黒い線が入っていてクッキリしてていいですね。


完成品レビュー
IMG_3547.jpg
まずは全身をぐるりと。
IMG_3548.jpg
IMG_3549.jpg
IMG_3550.jpg
上半身は平たくガッチリしてますが下半身は丸っこくむっちりしたデザイン。
見た目は実際は地味なのに最近の航空兵器少女のようなツートンカラーの華やかさがありますね。
IMG_3551.jpg
可動範囲はまず首が2重ボールジョイント。
肩は僅かに前後にスイングし、上へ大きく持ち上げられます。
二の腕にロール可動、肘は一重関節です。手首はボールジョイントですが範囲はせまめ。
腰フロントアーマーは無可動、サイドアーマーはボールジョイントでかなり動きます。
リアアーマーは左右繋がって上下スイング、切り離し対応はしてません。
できない事は無いですが引っかかりは無いのですっぽ抜けます。
足付け根は真横まで開きます。太股付け根でロール。
足首はボールジョイントですが殆ど動きません、ギリギリまで引き出してこの位です。
足首付近の左右のカバー?がスイング可動します。
IMG_3552.jpg
腰は上下スイング+横ロール。
スイング側がちょっと弱いけど無茶しなければ問題ありません。
膝は二重関節ですが動かす際に装甲がちょっと干渉します。
そのまま曲げるとすっぽ抜けますが引き出してから曲げて戻せばここまで曲がります。
基本的に全部ポリキャップ×プラでの接続なので軽さも相まって安定していますね。
IMG_3553.jpg
背中のパーツは普段差し込んでるだけですが変形時はコの字部分を上へ差し込みます。
その為持ったり外す際に負荷がかかりやすく破損しやすいです、破損しました。
なので今回はL字に曲げた真鍮線を表面の溝にはめ込んで接着しています。
IMG_3554.jpg
そのままだと取り付けられないので差込口側にも溝を掘っています。
簡単なので不安な方はお試しください。
正直この辺も隙間結構あるんだからポリキャップかなんかで可動式にしてほしかったですねー
ポリキャップも余ってるんですし。
IMG_3555.jpg
変形する際はまず二の腕回して肩アーマーと肘アーマーをあわせます。
あわせたら腕をまっすぐ下げ、肩のスラスターのギミックを押し下げます。
ちなみに後でつま先を曲げるのですがここもポリキャップ可動です。
IMG_3556.jpg
手首と手首カバーを一度外し向きを変えて取り付けます。
本来はここで握りこぶしにするのですがメンドイのでそのままで。
IMG_3558.jpg
背中のパーツを抜いてコの字部分でエリに接続します。
そのパーツ上部にシールド、胸の下部に銃を差し込んで腕を後ろに回します。
水平まで持ってきたら肘を曲げハンドパーツが隠れるように配します。
背中のパーツを抜いた事で首ごとエリが下がるので
頭部を押し下げてライフルのカバーで顔をかくします。
IMG_3559.jpg
最後に腰を後ろへスイングさせ、伸ばした足を後ろに配して
つま先をカカトと合わせれば飛行形態の完成です。
角度二択のスタンド付きですがちょっと斜め上に向きすぎですね。
アクション向きでしょう。
IMG_3560.jpg
スタンドを使わない場合はまず足首とフロントアーマーを外して
ランディングギアを差し込みます。
IMG_3561.jpg
最後にランディングギアへ外したパーツをつければ完成です。
MGで出たら可動再現されるのかなー?されないかなー(チラッチラッ
IMG_3562.jpg
IMG_3563.jpg
IMG_3564.jpg
ぐるりと見るととてもシンプルでAGE2らしい変形なのがわかります。
けれどAGE2とはまた違ったシルエットになっててかっこいいですね。
AGEのは顔もチャンと見えませんし。
IMG_3565.jpg
またランディングギアは差し替え式無可動なのでこんな遊び方も出来ます。
ツイッターの方で色々やってたせいで背中のが破損した訳で…(苦笑
その辺のまとめはまた今度。
IMG_3566.jpg
IMG_3568.jpg
シールドは両手と背中に装備可能、ビームサーベルが一本付いています。
シンプルで狭い可動ですが正面に持ってくる形で抜くポーズは一応取れますね。
外す際は太い部分を押せば斜めに立ち上がります。
手とのサイズも合っていてポロリもありません。
IMG_3569.jpg
ビーム刃が二本付いてる訳は手首にも取り付けられる為。
結構優遇されてますよね。
IMG_3570.jpg
ドッズライフルは逆手もち。
すっぽ抜けそうな感じですがグリップが上部カバーに差し込めます。
その為安定して持ってる事が可能です。
他の可動は無いですが綺麗に色分けされてますね。


写真忘れましたがドッズライフルは背中のパーツにとりつけられます。
その際は背中のパーツ変形時の状態で固定するのでエリが動いてしまいます。
この辺はちょっともったいないですね。

IMG_3572.jpg
銃口上下のレールにはしっかり溝が切られてたりします。
IMG_3573.jpg
ポーズ用手首はやたらとハイディテール。
クランシェの指は関節に装甲が被さるデザインなんですねー

IMG_3574.jpg
頭部バイザーはあまり中身が見えません。
個人的にはもうちょっと薄めが好み。
通販サイト等の彩色サンプルは不透明に塗られてて悲しい事になってましたね。
IMG_3575.jpg
外すとこんな感じ。
上下の二枚構成で結構シールを貼りづらいデザインなので塗った方が楽な気も…
今度挑戦してみようかなー
IMG_3576.jpg
IMG_3577.jpg
付属のスタンドは裏に手首を二つ収納できます。
つまり一つ余ります。
こういうところがもったいない。
角度は二種類で機首を回す事で変形前後の重心にあわせられます。
IMG_3578.jpg
こうゆう機体は進みながら撃つポーズが似合う。


さていががだったでしょうか。
可動は最近のHGにしてはちょっと物足りないレベルでしょう。
特に足は付け根の高さ変えられないので腰に干渉してしまいます。
肘も一重だったりとちょっともったいない所はありました。
ただその辺含めても出来はよく、プロポーションもバッチリです。
カッチリとは行きませんがシンプルなので変形もしやすい。
スタンドも付いていて1000円付近でこの出来ならば十分ではないでしょうか?
欲を言えばクランシェカスタム用パーツも欲しかったですねー
緑色で出そうですが。
(ライフルにも両サイドにそれっぽい溝が掘られています。)

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://whitephosphorus.blog61.fc2.com/tb.php/575-367cff68
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。